スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月11日・12日東北震災の地に行って来ました PartⅠ

久しぶりにブログ更新します 別に体調が悪かったとか更新できない所でお世話になっていたとかではありません。

震災から3ヶ月たった6月11日に東北に行って来ました。19日までしか高速道路休日1000円上限が使えなくなってしまうのとやっぱり現状を見ておくべきだとの判断で行きました。何日か前から計画を立て色々考えましたが東北の詳しい事と地理的に理解が出来ないので苦労をしながら地図を作成し考えました。当初の計画では東北道を盛岡南まで一気に北上し盛岡南インターから海側・宮古に出る計画をたてたんだけど廻りのみんなからちょっと無謀じゃないかと言われ計画を変更しました。北上江釣子インターまで行きそこから釜石に出るというルートにしました。でもどうしても大槌町が見たかったので釜石から少し北上して大槌まで行ったら南下しようと決めました。地図では上の赤いラインから下の赤いラインに変更です。宿は何件も電話をしましたが今だ復旧できないところやボランティア、又は復興関係者でいっぱいでしたので車で寝る覚悟でした
東北震災6月11日(宮古~仙台)

6月11日当日 おにぎりを持って携帯のガソリン缶(20L用)も持っていざ出発 天気も良く我が家の近くの外環浦和から乗り東北道へ・・朝5時と言うのに車が多かったです。復興の自衛隊車両やタンクローリーが目立ったかな

途中、福島の安積(あさか)インターで休憩
東北震災6月11日(宮古~仙台) 001

ここから一気に北上 車をとばし北上江釣子インターへ  うん待てよまだ11時なのに北上江釣子インターに近い?? な~んだ じゃやっぱり当初の計画通り盛岡南まで行っちゃえ となり一気に盛岡南まで行ってしまいました。浦和インターから6時間弱でしょうか・・でもやっぱり東北道も福島あたりから道路は波打ったみたいでしたとりあえず段差がひどいところは簡易復旧をしてありましたが道路全体がうねっているので酔っ払っている感覚です。

盛岡南から今度は一路、海(宮古)を目指します。途中の川井村の『やまびこ産直館』です。あたりには何もなくここで休憩するドライバーが多くいました。自衛隊の方々もたくさんおられました。ちょうど地図真ん中あたりの岩手県て書いてあるすぐ下の所です。もう少しで宮古と言うところでガソリンの補給をしておかないと海まで出てしまったらスタンドが無いんじゃないかと思い予備のガソリン缶と愛車を満タンしました。いざ宮古です。

東北震災6月11日(宮古~仙台) 003

ところが宮古市内に入っても街道筋には普通にファミレスはやっているしマックもあるしなんだか震災の感じはないまま、かあちゃんとちょっと遅めの昼飯の話をしていました『なんだ大したこと無いじゃん』なんて思いながら海岸に突き当たったらいきなりびっくり信号まちをして脇をみたらこんな状態でした
東北震災6月11日(宮古~仙台) 004

東北震災6月11日(宮古~仙台) 006

ここから釜石方面 南下です やっぱり宮古の町は海抜が同じくらいのせいか防潮堤がすごく大きいです多分5~6m近くはあるでしょう

東北震災6月11日(宮古~仙台) 007

この家の向こうは海です。この防潮堤は軽く超えてきてます。
近くに行くと結構高いです。この防潮堤は8mくらいでしょうか・・

東北震災6月11日(宮古~仙台) 009

湾の内部は悲惨な状態です
東北震災6月11日(宮古~仙台) 010

右側が町(居住地区)左側は海です
東北震災6月11日(宮古~仙台) 011
東北震災6月11日(宮古~仙台) 012

フェンスがあったであろう痕跡です。恐るべし津波のパワー
東北震災6月11日(宮古~仙台) 014

次回は宮古から南下し山田⇒大槌⇒釜石⇒大船渡⇒陸前高田 とUPします。マスコミでも一番取り上げられている町々です
ちなみにこんな感じ

東北震災6月11日(宮古~仙台) 043




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最後の写真のところも家があったんでしょうね。
ゾッとします。

江@隊長

その通りです。考えるとぞっとします(@@~ しかし現実的には考えられません。自然の力の偉大さには人間は無力です。
プロフィール

ゴルフ大好き家族

Author:ゴルフ大好き家族
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。